首イボにはどんな原因があるの?30代以降や肥満の方に多い!

首イボはサイズや形によっていろいろな種類がある

2ミリから3ミリほどのサイズで数が増えてくるのがアクロコルドンまたはスキンタッグと呼ばれる種類の首イボです。
首回りの他にも皮膚の薄い部位にできることが多いです。

この首イボよりもサイズが大きめ、単発でできるものを軟性線維腫と呼んでいます。
単発ではありますがサイズが大きくなるため目立つことがありました。

軟性線維腫よりサイズが大きく、垂れ下がってくるものを懸垂性線維腫と呼んでいます。
衣服や下着やアクセサリーに引っ掛かり易く、違和感が増すことがあります。

首イボの原因は?

これらの首イボは皮膚の老化、体質などが原因で起きると考えられています。
そのため新陳代謝が落ちてくる30代以降で良く見られます。

体質的に首イボができやすいと言う方は20代でも見られることがあるのです。
特にアクロコルドンは若い頃でも出やすい種類の首イボです。

この首イボは摩擦による刺激でも出やすくなります。
肥満だと皮膚と皮膚が擦れやすいために首イボができやすいです。
紫外線の悪影響が蓄積している皮膚にも首イボができやすいため、若い頃から紫外線の強い海やプールで遊んでいると言う方も注意が必要です。

ウイルス性のイボは原因が異なる

老人性イボ以外にもウイルス性イボと言う種類があります。
このイボは老人性とは原因が異なります。

ウイルス性イボはヒトパピローマウイルスが原因です。
ヒトパピローマウイルスには100種類以上あります。
尖圭コンジローマの原因となる種類、子宮頚癌の原因となる種類、咽頭乳頭腫の原因となる種類など様々です。
その種類の中にイボの原因となるヒトパピローマウイルスがあります。

手足や顔にできるものを尋常性疣贅と呼んでおり、2型や27型や57型のヒトパピローマウイルスに感染すると発症します。
足の裏にできるものを足底疣贅と言い、ヒトパピローマウイルス1型が原因となっています。
顔や腕にできるものは扁平疣贅と言い、3型や10型が原因と言われています。
これらのウイルス性イボは首回りにできる種類ではありませんが、稀にできることがあります。

ウイルスが原因と言われると怖いと言うイメージを持つのではないでしょうか。
しかしウイルス性イボは数年ほどで自然に治ると言われています。
自然に治れば跡が残る心配は殆どありません。

しかしその間に他の人に感染させてしまうことがあるのです。
そのためなるべく早めに治療するのがおすすめです。

老人性イボは他の人に感染することはありません。
良性腫瘍のためにガンになる心配もありませんが、見た目が悪くなります。