首イボが本当にピーリングで取れる?どんな注意点があるの?

ピーリングの種類はいろいろ

ピーリングには薬剤の成分の作用により化学的に取るもの、薬剤では無くレーザーやダイヤモンドやソルトなどで物理的に取るものと大まかに分けて2種類あります。
このうち自宅でも簡単に行えるのが化学的なピーリングです。

これをケミカルピーリングと呼んでいます。
言葉だけは知っていると言う方は多いのではないでしょうか。

首イボがケミカルピーリングで取れる?

ケミカルピーリングは古い角質を溶かして肌のターンオーバーを正常化させると言う方法です。
肌のがさつき、シミ、ニキビ跡などの肌トラブルに良く用いられています。
首イボも古い角質が溜まって固まったものなので、一定以上のピーリング作用は期待できます。

ケミカルピーリングの注意点

市販のピーリング剤がありますので購入すればいつでも自宅で行えます。
しかし市販のものは首回りと言った肌が薄く、柔らかい部位に使用すると肌トラブルが起きる恐れがあるのです。

そんなピーリングを頻繁に行うと正常な角質まで除去してしまうことがあります。
このような過剰な角質ケアにより薄くなった肌のことをビニール肌と呼んでいます。

敏感肌と言う方だと肌に炎症が起きることがあるために注意が必要です。
さらに紫外線の悪影響も受け易くなります。

ビニール肌を解消するにはピーリングをいったん止めるのが一番です。
石鹸や化粧水、美容液、クリームなどは刺激の少ないものを使用して下さい。
このようにピーリングは適度な頻度が非常に重要なのです。

シミと言った症状では盛り上がりがありませんが、首イボには盛り上がりがあるものが多くなっています。
中には垂れ下がってくると言う首イボもあります。
このような首イボにケミカルピーリングを行っても十分な作用が期待できるのか分かり難くなっています。

首イボにはピーリングクリームを使用

そんな首イボにはピーリングクリームを使用すると言う方法もあります。
一般的な市販のピーリング剤にはリンゴ酸やクエン酸、乳酸など天然由来のフルーツ酸を配合したものが多く見られます。
首イボにも使用できるピーリングクリームにはハトムギエキス、杏子エキスが配合されていると言う特徴があります。

ハトムギエキスや杏仁オイルには乾燥しがちな肌にうるおいを与えると言う作用があります。
この作用により首イボを柔らかくし、角質ケア成分により取っていきます。
クリームを塗布した後、軽くマッサージするように取るだけと簡単です。